第50回全道ロシア語弁論大会(12/1)

投稿日時 2018-10-25 17:47:11 | カテゴリ: 北海道連合会

Aクラスロシア詩課題(pdfファイル)を掲載しました(11月20日事務局加筆)
●提出期限は11/19(月)です。万が一、弁論内容ができていない場合には、の申し込み書のみ、11/19までに下記のあて先にお送りください。´△呂匹鵑覆肪戮とも11月26日(月)にはお送りください(それまでに送付されない場合、出場できないことがあります)。(11月17日事務局加筆)
●11月26日前後に、出場者皆様宛ての確認連絡を一斉メールいたします。
-------------------------------
日本におけるロシア年/北海道・サハリン州友好・経済協力提携20周年記念事業「第50回全道ロシア語弁論大会」出場者を募集しています。

◆と き 2018年12月1日(土)13:00〜17:30 
◆ところ 北海道庁赤レンガ2階 第2会議室 (札幌市中央区北3条西6丁目)

大会開催要項(pdfファイル)

【提出書類】
(柤斉睛撞入用紙(ロシア語)(wordファイル)
日本語要旨記入用紙(wordファイル)
J柤逝膕饋醜書(wordファイル)

なお、申込書等の書式が崩れる場合は  銑書類(PDFファイル)をご利用いただくか、事務局あてご請求ください。

問い合わせや申し込みはdorenbenron@gmail.com(ロシア語弁論大会事務局)にお願いいたします。


昨年度の演題一覧はこちらをご覧ください。参考になるかと思います。(11/2)
https://jesdoren.exblog.jp/27627429/


以下に要項の内容を記載しておきます。
-------------------
日本におけるロシア年/北海道・サハリン州友好・経済協力提携20周年記念事業

第50回全道ロシア語弁論大会開催(募集)要項

◆と き 2018年12月1日(土)13:00〜17:30 
◆ところ 北海道庁赤レンガ2階 第2会議室 (札幌市中央区北3条西6丁目)

1.応募について
(1)開催クラス
Aクラスは目安としてロシア語学習歴2-3年以上、Bクラスは主にロシア語学習歴1年程度ないしは初級相当の方を対象としています。
(2)応募時に提出するもの             
.蹈轡語のスピーチ原稿(Aクラス5分以内、Bクラス3分以内)
※手書も可。但し明瞭書体
∧柤斉睛討陵彁檗米本語)
参加申し込み用紙(必要事項を記載)
せ臆暖顱奮謄ラス共通)1,000円 
※ 銑の書類はこのページもしくは「道連トピックスブログ」からダウロードしてご利用ください。
※参加費は、当日会場にてお支払いください。
※参考として、前回大会発表タイトルを上記サイトに掲載しました。
※ダウンロードがうまくできない場合、下記のメールアドレスまでご請求ください。
(3)応募先  e-mail : dorenbenron@gmail.com
  申し込みは原則としてe-mailでのデータ提出でお願いします。手書の場合はスキャンしてe-mailでの送信をお願いします。e-mail送信が出来ない場合は以下宛に郵送ないしはFAXしてください。
日本ユーラシア協会北海道連合会 
〒060-0806 札幌市北区北9条西4丁目エルムビル4階
011-707-0933/fax011-707-9722

(4)申込締切 11月19日(月)必着    
(5)Aクラス出場者への注意事項
Aクラスの課題詩は上記サイトにアップロードしてあります(近日公開)。このうちから一編を選び、当日朗読してください。
(6)応募資格             
次に該当する方以外は応募できます(北海道在住者以外も可)
.蹈轡語を母語とする方
▲蹈轡語教授を職業としたことのある方
ロシア語教授を職業としている方

2.審査について
全審査員による次の各項目の得点合計により順位を決定します。
【Aクラス】                     
.蹈轡語による5分間のスピーチ(内容も若干考慮)
簡単なロシア語による質疑応答       
ロシア語詩朗読(課題詩の中から一編を選択)
【Bクラス】
.蹈轡語による3分間のスピーチの総合審査

3.各賞について(予定)
【Aクラス】 
第1位 日ユ協会道連賞・北海道知事賞・サハリン州政府賞
第2位 北海道教育委員会教育長賞
第3位 NHK札幌放送局賞         (各1名)
【Bクラス】 
第1位 北海道新聞社賞・サハリン州政府賞
第2位 道連ロシア語委員会賞
奨励賞 審査委員会賞           (各1名)
【特別賞 A・B各クラス】
札幌姉妹都市協会賞(1名)
在札幌ロシア連邦総領事館賞(2名)

4.審査委員会
委員長:安藤 厚(北海道大学名誉教授)
ほか5-6名を予定

■ 主  催 ■
日本ユーラシア協会北海道連合会
サハリン州政府
北海道
■ 後  援 ■
北海道教育委員会・札幌市・(公財)札幌国際プラザ・札幌姉妹都市協会・北海道新聞社・NHK札幌放送局・在札幌ロシア連邦総領事館    (申請中を含む)
■ お問い合わせ ■
日本ユーラシア協会北海道連合会(011-707-0933)




日本ユーラシア協会北海道連合会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://karifu.sakura.ne.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://karifu.sakura.ne.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=70